【用語集】ストリッピングとは?

「ストリッピング」とは、紙器やダンボール用の打ち抜き機において、製品を打ち抜いた(プラテン部)あとにシートの不要な部分をピンや型で落とすことを指します。人の手で行っていたむしりの作業を機械で全自動で行うことができます。 …

【用語集】むしり(むしり作業)とは?

「むしり(むしり作業)」は、紙や紙器を打ち抜いた後、製品として必要な部分と不要な部分を分離する工程のことです。「ブランキング」とも呼ばれます。打抜き機で形状を作り出した後、製品となる部分以外の余分な紙(不要部分)を除去し …

【用語集】抜型とは?

紙器やパッケージの製造で使われる「抜き型」とは、紙や厚紙などの材料をさまざまな形状に抜くための金型です。 抜き型は、主に以下の2つの部分で構成されています。 基板:抜き型のベースとなる部分で、通常は木製のベニヤ板で作られ …

【用語集】ビク抜きとは?

「ビク抜き」とは、紙や厚紙などの材料に、刃を埋め込んだ金型(ビク型)を用いて、プレス加工を行うことで、さまざまな形に抜く加工方法です。 ビク抜きとトムソン加工は、同じ加工方法のことを指します。 ビク抜きは、東日本を中心に …

【用語集】トムソン加工とは?

「トムソン加工」とは、紙や厚紙などの材料に、刃を埋め込んだ金型(トムソン型)を用いて、プレス加工を行うことで、 …