第81回「イノベーションを考える」(板紙段ボール新聞R3年4月7日付)掲載より

 コンビニに行くと必ずスイーツコーナーを眺めていますが、和洋中百花繚乱。よくもこれだけ

新製品が生まれるものだと開発力に感心し、「品評のため」手を出してしまいます。

 

 本紙2月27号に掲載頂いた記事(大判プリンター・オンラインセミナー)の中でピーター・

ドラッガー氏は、顧客の創造はマーケティング「顧客ニーズに合致した価値を提供すること」と

イノベーション「今までにない新しい価値を作る」と定義していること話しましたが、このカス

テラのパッケージを見て、イノベーションとはこれだ!と思わず買ってしまいました。

 

 カステラは天保年間にポルトガル人が長崎にもたらした、いわばスイーツの元祖みたいな存在。

そして昔も今もレンガくらいの塊が紙器箱に入っているのが変わらぬ伝統です。創業120年の市

店本舗は味も形も変えないと信じていました。

 

 ときどき食べたくなるものの…食べ盛りの子供があいれば消化できるけど、一人だけではとても

レンガサイズは食べきれない。そんな筆者の目の前に現れたこのパッケージ、小さなカステラが2

個だけ入った食べきりサイズ。コロナ禍の中、お茶会もできないとなればリモートで…という時に

も使える。これこそ新たな需要を生み出すイノベーションだと思いました。

 

 そして、筆者の心を確実に動かしたのは、あの懐かしい「カステラ一番、電話は二番、三時の…」

の歌詞と踊るこぐまたち。このパッケージは子供たちだけでなく、中高年層を間違いなく獲得して

いるはずです。改めて六面体の大きな力を再確認しておりました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?