第68回「環境教育を受けた世代は今」(板紙段ボール新聞R2年3月7日付)掲載より

 先月、第67回本コラムで、今から30年前にすでに環境教育がドイツの幼稚園で行われ

ていたことを書きましたが、この子供たちが社会で活躍するようになった今、意識と行動

についてどのようになっているか?とても興味深いレポートを入手できました。

 

 ヨーロッパ段ボール普及協会(PRO CARTON) のトニー・ヒッチン氏の興味深いレポート

によると、欧州の19歳から29歳までの若者の80%が 「環境に配慮することは、自

分と家族のためにますます重要な事柄になった」と回答。さらに調査を行った欧州7か国

の消費者の75%が「商品を買う際にそのパッケージの環境への影響具合も見極めて決め

る」とし、若い消費者層はその傾向が強く、19~29歳の62%がパッケージに環境問

題がある場合は「商品のブランドを変える」と答えているのに対し60歳以上では35%

とのことでした。

 

 さらに、我々業界人にとって嬉しい事は、実に81%の回答者が、「選択肢があればプ

ラスチックよりも板紙・段ボールのパッケージを選ぶ」としています。

 

 こうした社会の趨勢から、ブランドオーナーが積極的に環境に配慮した素材への移行を

加速化させています。昨今、環境配慮のキーワードを3R、 Reduce(リデュース;抑制)、

Reuse(リユース;再使用)、Recycle(リサイクル;再生利用)からRenew(レニュー;

再生)、Replace(リプレイス;置換)を加えて"5R"と言われるようになりました。Renewは

真に再生可能なパッケージ素材を選択すること、Replaceはブランドオーナーや小売業者が、

環境への配慮が不十分な素材を置き換えるという「責任ある行動をとること」を意味して

います。

 

 最後に、環境への負荷が少なくなるパッケージに対して価格アップを受け入れるかの問い

に対しては、10%の値上げならば受け入れるが20%、20%の値上げは5%というのが

最新結果とのことですが、今後こうしたテーマに対する合意形成は進んでいくことと思いま

す。

 

 写真は、スイス・ジュネーブ空港に掲出された多国籍大手段ボールスマーフィット・カパ

社の広告「持続可能な世界のためのパッケージを作ろう」。板紙・段ボール産業がこれから

の世界をリードするという力強いメッセージと感じ嬉しくなりました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?