第67回「教育環境は我が子から」(板紙段ボール新聞R2年2月7日付)掲載より

 2020年代に入り 、地球環境を意識した社会的な動きがさらに加速します。たとえば

欧州連合で、来年はプラスチック製の使い捨て食器、ストロー等の使用が禁止になります。

紙化率も急速に高まる見込みです。

 

 EU加盟国は2029年までにプラスチック容器の回収率を90%以上に引き上げ、また

プラ容器類に含まれるリサイクル材料比率を25年までに25%以上、30年までに30

%以上としなければならないと、この10年でプラスチックに大きな進化を強制していま

す。

 

 その一方、我が国ではこうした具体的な動きが見えてきません。なぜ、ヨーロッパでは

プラスチック問題に大胆なメスを入れることがスピーディに実施されるのか?様々な要素

が考えられますが、 見逃せない事実として、幼児期からの環境教育が影響していると思い

ます。

 

 筆者は30年近く前にドイツの幼稚園を見学しましたが、当時すでに ゴミの分別やその

ゴミがどうなるかを教えていました。自然と紙製品が地球に優しいことも学びます。

そして、この子供たちが社会に出てプラスチックのCO2排出、海洋汚染の問題点から真剣

に対策を考え、コストより 多少高くても環境に優しい素材を選ぶという行動を起こすので

はないでしょうか。今まさに紙器・段ボール各社が様々な新提案を展開しています。

 

 そこで 、板紙段ボール業界の皆さんに提案です。子供さん、お孫さん、甥姪子さんには

紙器・段ボール製のおもちゃを贈りませんか?柔らかい材質でケガの心配も少なく 、色も

塗れて そして廃棄・リサイクルに優れている。行政が動かなくても身近な子供たち から環

境教育をし、 その環が広がっていく…素晴らしいではありませんか?

 

写真は段ボールのおもちゃ箱 と、九州ダンボールさんの木馬です。温かい趣がありますね。

 

 

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?