第66回「正倉院、技術と知恵の箱」(板紙段ボール新聞R2年1月7日付)掲載より

 令和新時代最初のお正月を迎えました。紙器段ボール業界が元号の如く美しい調和し、

より素晴らしい社会にさらなる貢献、発展することを期待しています。

 

 昨年の秋、天皇陛下の御即位を記念し正倉院宝物特別展が催され、またとない機会と

見に行きました。

 シルクロードの終点といわれる奈良。奈良時代にはすでに遣唐使による海外文化が取

り入れられ、ハイレベルの技術で高級素材を使った調度品、楽器、工芸品が作られてい

たことがわかります。また、様々な文書類が現在も判読できる状態で残っているのも驚

きです。

 皇室の宝物だから大切に保管されて代々特別に受け継がれてきた…と言うのは簡単で

すが、1200年以上前の宝物が極めて良い状態で、令和の時代でも目にすることがで

きることに感動しました。誰もが学校時代には、正倉院が総ヒノキの高床式校倉造(あ

ぜくらづくり)の倉庫で、「木材が呼吸して通気性がよかったたから宝物が守られた」

と習いましたが、初めてこれらの宝物や書物が奈良~平安時代・8~9世紀に造られた

「古櫃(こき)」と呼ばれる杉材の箱に納められていたことを知りました。

 

 箱業界に生きる者として絶対にレポートしなければならない紛れもない事実!縦70

0mm、横1020mm、高さ500mm、イラストは当社の絵が上手なメンバーに模

写してもらいましたが、パレタイズでき中空構造高床式で適度な温湿度調整可能です。

 

 なんと!すでに奈良時代に我が国ではインテリジェントボックスが発明、製造されて

いたとは!そのDNAが今日の業界人たちに脈々と受け継がれている…、そんな大きな

感動を覚えました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?