第64回「加速する脱プラ社会で」(板紙段ボール新聞R1年11月7日付)掲載より

 深刻化する海洋汚染、シングルユースのプラスチック。当面段ボールは安泰と思います

が、欧州ではプラスチックのリサイクルが目標設定されました。我々にもイノベーション

が求められています。

 全段連の段ボールセミナーが琵琶湖畔で開催された翌週、スイス・レマン湖畔で欧州段

ボール連盟(FEFCO)の段ボールセミナーが開催され参加してきました。テーマは多岐に

わたりましたが、環境先進国家の集まりだけに「持続可能性(サステナビリティ)社会」

と「循環型経済(サーキュラー・エコノミー)における欧州プラスチック戦略」の講演に

参加者の関心がひと際高かったようです。

 

 とりわけ、欧州連合(EU)は2030年までに全てのプラスチック包装のりサイクルを

目指しており、それまでにも再来年から開始するストローやフォーク、皿などのプラスチッ

ク使用禁止と急速な社会変化が始まっているだけに段ボール業界もこれをチャンスと捉えよ

うという雰囲気でした。

 

 現在、EUにおける包装では段ボールのシェアが36%、回収率が85%。北欧のような広

い国土に少ない人口であるため回収の非効率よりバージンパルプを選ぶ国もあり、日本より数

値的には劣りますが、今日の変化の中で一層数値を高めようと訴えていました。

 

 ユーザーたちは消費者、株主、行政の益々強くなる持続可能性社会への対応が求められてい

ることから、段ボール産業はより提案力を高める必要性があるとしています。たとえば通販に

おいて、中身に対して大き過ぎる箱では積載効率が著しく悪い。大量生産、大量輸送のために

考案されたA式ケースではパーソナライズアイテム、家庭に届く荷物として、もはや受け入れ

られないなど今やイノベーションに敏感であるべき産業だと認識しました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?