第58回「即効性 抜群!暑さ対策」(板紙段ボール新聞H31年5月7日付)掲載より

 岐阜県多治見市で38.5℃、群馬県館林市37.9℃、埼玉県熊谷市37.8℃…段

ボール工場が多いこれらの地域、今から今年の猛暑が心配です。工場を稼働させたま

ま社員の熱中症を回避させた現場を取材しました。

 

 この工場内には200kWのエアコンがあるものの、夏になると工場内が40℃を超

えることがあります。熱中症対策としてエアコンの増設を考えたところ、老朽化した屋

根の修繕費等を含め設備メーカーから約1億円にのぼる見積もりが…。莫大な設備投資

額と、増設に伴う年間約1,200万円の電気代アップに、社長は一瞬寒気が走ったこ

とは想像に難くありません。

 

 そこで代わりに検討されたのが、宇宙産業の反射絶縁材料を応用させた8mmの両面

の高純度アルミ箔に、バブルポリエチレンシート2枚とポリエチレンシート3枚が内蔵

された「遮熱材」を使って屋根と壁をしっかりカバーします。

 

 その結果、必要冷房負荷(設備容量)は1,815kWでしたが、わずか200kWの

既設エアコンのみで十分に涼しく、快適な空間に生まれ変わり、暑さ寒さ対策、電力・

灯油使用量の削減、熱中症対策、生産性向上に成功しました。

 

 こちらの会社では、全ての現場の環境改善に努め、工場だけでなく大阪営業所や事務

所棟も順次同様の工事を実施、併せて日頃から行われている諸々の社員重視の経営が奏

功し、人材確保の悩みは全く無いそうです。

 

 「社長、ありがとうございます」と声を掛けてもらえて一番勤労意欲が増しているのは

社長かもしれませんね。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?