第48回「美味しい!を世界へ」(板紙段ボール新聞H30年7月7日付)掲載より

 経済グローバル化は農業分野にも広まり、日本で輸入青果物がますます増えています。

しかし、海外で日本の農産物を見ることはごくまれです。それに対して、韓国の農産物は

世界市場で存在感を増していると聞きます。その実態を見にソウルに飛びました。

 

 貿易依存の高い国柄、韓国はFTA(自由貿易協定)および・EPA(経済連携協定)

締結を強力に進めており、米国・EU・ASEANなどの大経済圏をはじめ、個々の国と

地域との間で戦略的ネットワークを構築しました。

 

 このため、車やスマートフォン、家電といった工業製品だけでなく農産物も輸出対応と

なっています。いちご、パプリカ、ミニトマト、エリンギ、などがランキングされていま

す。

 

 ジェトロによるとJAのような集出荷組織による輸出の他に、生産農業または企業が直

接、相手国の輸入業者と輸出契約を結ぶそうで、このため生産者が商談、見本市出展など

積極売り込みをすることから当然各自が美しさをアピール。ブランディングに力を入れて

います。

 

 訪れた青果市場ではコンテナ輸送対応、欧米標準規格のオープントレイタイプが採用さ

れ、2メートル位に積み上げられていました。また、いずれも高レベルな美粧印刷、写真

印刷が施されていました。帰国していつもの八百屋さんに訊くと、このところパプリカや

エリンギあたりで韓国産が急増しているとのことで、黄色いパプリカの箱を下さいました。

 

 さぁ、日本の農産物が国際デビューする時でしょう。もともと美味しい日本の農産物は

世界に打って出るチャンスであります。売れる日本の農産物を大きくサポートするのは段

ボール屋さんの力に他なりませんね。業界全体オールジャパンで世界にどんどん売り込み

輸出しましょう。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?