第47回「物流クレート新時代」(板紙段ボール新聞H30年6月7日付)掲載より

 今年は春を通り越していきなり夏到来、だんだん夏が長くなっている昨今、地球温暖化

の深刻さを実感する今日この頃です。段ボール産業に携わる者として何か貢献できないで

しょうか。

 

 

 

 数多くの環境先進国が並ぶ西ヨーロッパ、スペイン・マドリードの大手製パンメーカー

を覗いてみました。

 他のヨーロッパ各国の朝食は毎朝焼き立てのパンが食卓に並びますが、マドリードでは

マドレーヌや、日本では菓子パンに分類される甘いパンが並ぶのが主流です。

 

 消費者は、パン屋さんやスーパーで大袋でまとめ買いするのが習慣です。工場から売り

場までの輸送には日本では一般的なプラスチック製のプレートがかつては使われていまし

たが、納品が終わったあとの、回収→輸送→洗浄→乾燥のリサイクルがどうみても二酸化

炭素排出を助長しています。

 

 こんな考えから「ワンウェイ」、「軽い」、「リサイクル」で環境により優しいとの判

断から段ボール製クレートの採用が進んでいます。実際に、さわやかなスカイブルーのク

ルートを持ってみると軽い!軟弱な私でも4段重ねもクリアできました。

 

 明らかにトラックの燃費は改善されることでしょう。店舗にスペースがあればこのまま

陳列もできるはずです。

 

 今では肉、ソーセージ、魚介類、さらにサンダル等でも段ボールクレート化が進んでい

るそうです。輸送用段ボールはA式ケースが定番となっていますが、読者の皆様、段ボー

ルクレートも商品に加えてはいかがでしょうか?ロータリーダイカッタで十分作れます。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?