第46回「れんこんが食べたい」(板紙段ボール新聞H30年5月7日付)掲載より

 魅力度ランキング47位と気の毒な評価をされた茨城県。「新幹線が走っているのに駅

が無い」とか、いろいろと残念な例が並べられていますが、段ボールユーザーが沢山いる、

我々にとっては魅力度の高い県だと思います。

 

 茨城は「北海道に次ぐ生産量の農業大国」の県だったなんて、意外と知られていません

ね。その中で、メロン、カリフラワー、栗、ピーマン、れんこんは日本一とのこと。

 

 〝茨城愛〟に溢れたお付き合いのある青果物仲卸会社の社長は「様々な良い農産物が沢

山取れるせいか一品一品にマーケティングしていない、もっとアピールして欲しい」と言

っていました。確かに、都内のスーパーマーケットを見ると、いずれの農産物も何十年も

変わらぬ茶ライナにベタ印刷、文字だけでブランディングできていませんね。

 

 しかしながら最近、とりわけ美しい箱に入った「れんこん」が店頭に並びました。行方

市にJAなめがたの一本入りの美粧段ボール、両面印刷で表には白くて美しいれんこんの写

真、蓋の裏側には部位ごとの調理方法が紹介されています。

 

 以前はA式ケースに3、4本のれんこんを詰めた1キロの輸送箱に過ぎなかった段ボー

ルが、煮物、炒め物、揚げ物、蒸し物などさまざまな料理に幅広く使えることがわかる情

報機能を持った美粧ケースに。

 

 お正月以来食べていない私には、週1回は食べてみたい野菜になりました。箱が変われ

ば売上が上がる、日本の農業活性化に我々段ボール業界人も頑張りたいものですね。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?