第45回「紙器・段ボール技術交流」(板紙段ボール新聞H30年4月7日付)掲載より

 印刷紙器と段ボールの間には歴史や文化の違い、あるいは生産技術の違いなどがあり両者

の間に壁があるように思われますが、時として双方の情報・技術を交流することで一層進化

が実現するのではないでしょうか。

 

 そんな発想のもと開発されたのが『かんたんハコダテくん』です。- ウニ、ホタテ、五稜

郭の函館とは関係ありませんよ!

 

 飲料缶など統一規格がある商品の自動充てんや製函が普及した段ボールにおいて、罫線強

度の数値管理が今や常識となっていますが、商品も箱も寸法や形状ともに無限の印刷紙器に

おいて、同じような管理は普及してきませんでした。

 

 しかしながら昨今、ユーザーもとでは商品のパッケージへの充填は省人化が進み、その結

果“箱を開き、商品を詰め、蓋を閉じる”作業を機械、カートニングマシンが行なうことにな

ります。人の手と異なり、その作業は同じ力で行うため、一定の範囲の力で箱が開き蓋が閉

まるような罫線をつけければなりません。

 

 そのような筋入れを確実にするのが『シトーアルティメット』ですが、それを数値でチェ

ックできるのが『かんたんハコダテくん』です。この測定器は段ボール工場で長年使用され

て定評のある『曲げ強さ測定器』のメカニズムを流用して生まれました。

 

 印刷紙器工場のグルアーでの製函後、現場で誰でも簡単に紙器の起函トルク値を測れるこ

とができます。生産現場でセッティングが速く、操作やデータの判定に専門知識を要さない

のが特長です。測定するパッケージの起函を自動で行う電動式で数値のピーク、最小、平均

値、標準偏差が印字されるプリンタまでも備えています。

 

 私たちは、これからも〝紙器・段ボール〟の技術交流を進めていきたいと思います。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?