第43回「静かなる みかん戦争」(板紙段ボール新聞H30年2月7日付)掲載より

 よく一般紙の記者はネタ集めに警察や動物園に足を運ぶと聞いたことがありますが、このコ

ラムの話題が見つからない時は町内の行きつけの八百屋さんを訪れます。私の関心は専ら青果

物より段ボールケース、ということで今回は「みかん箱」です。

 

 

 

 日本の冬の風物詩は長いこと、“こたつにみかん”。筆者も暮れになると八百屋さんから届く

みかん箱が楽しみで、こたつに寝ころびマンガを読みながら何個もみかんを食べた思いであり

ます。

 

 冬みかんは温州みかんと呼ばれ、原産は中国・浙江省の温州。日本産が世界に広まったため

か欧米でもMIKANで通じるところも多いとか。

 

 だから、八百屋さんで売られるみかんも100%国産かと思ったら「オーストラリアみかん

あるよ」とご主人。私に勧めようとしていましたが、関心はその箱…フレキソダイレクトの写

真印刷で、飛び跳ねるカンガルーが大写しされていました。ダブル段のC式ケース、つまり身

蓋が重なる側面は4層になることからかなり丈夫で、空気穴も設けられ、箱を空けて見せて頂

いたところ長旅を終えても変形した玉は見られませんでした。

 

 店頭ではみかんも選択肢が増え国際色豊かになったなあ~と現代社会を感じました。こうし

た市場環境の変化からか、昨今日本のみかん箱も茶ライナーより白ライナーで発色の良い印刷

が増えた気がします。

 

 良かった~今月も入稿間に合った!…あ、結局カンガルーみかんを食べ損なってしまった!編集長にOK頂いたらゆっくり頂くことにしましょう。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?