第4回「メンテフリーのアンビル」(板紙段ボール新聞H26年11月7日付)掲載より

 前回に引き続き、女性に優しい段ボール工場作りに知恵を絞るスペイン・セラ機械製造

(株)のユニーク技術。今回はダイカットユニットの省力化と打抜き品質向上の技術です。

 

 

 

 有功社シトー貿易では15年前にロータリーダイカッター、FFGのウレタンアンビル

の交換時間を画期的に短縮させたスペイン生まれの『モンテネグロアンビル』を発売、さ

らに日本市場向けに開発した『ウレタンアンビルF1』へと発展させました。どちらも従

来のネジ止め方式から、ハンマーとバールだけでアンビルシリンダーにワンタッチ着脱で

きる「ジグソウジョイント」を採用。しかし女性には負荷が大きい作業に違いありません。

 

 セラ社の『セランビル』は、円筒形の幅広アンビルを使用、着脱は専用工具でロック開

閉するだけ、アンビルシリンダー上で400mmオシレートする今までにないアンビルシ

ステムで、作業はたった2分、世界最速です。

 

 肉体作業からの解放は男女問わず嬉しいだけでなく、アンビル間の継ぎ目の数が少ない

ことから切れ不良の削減、ウレタンアンビル1枚分の幅のオシレートからアンビル表面の

抜群の平滑性が常時確保できます。アンビルローテーションが最速で頻度を向上し全アン

ビルが均一摩耗すると、結果的に打抜き品質が抜群に向上します。

 ロータリー機は生産性が高いが打抜き品質が劣ると言われていましたが、『セランビル

』で切れ品質、罫線品質、寸法精度が向上し、平盤ダイカッターの仕事の20~30%を

ロータリーに変更可能になったとのことでした。搭載には、アンビルシリンダー交換が必

要です。

 

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?