UVフレキソ印刷機「MPS」の印刷品質改善の選択肢として

埼玉県に本社・工場があるT&K TOKA株式会社は、1947年の創業からインキの専業メーカーとして、様々なニーズを先取りしながら付加価値の高いインキの開発・販売をおこなってきました。

近年ではオランダ製のUVフレキソ印刷機「MPS」の日本総代理店として、フレキソジャパン、ラベルEXPO(EU)への出展、業界新聞への広告出稿などシール・ラベル印刷の分野に様々なアプローチで参入しています。

「MPS」には印刷品質を左右する金属製のドクターブレードが標準装備されていますが、最近では樹脂製のドクターブレード「オレンジ」もユーザーの要望に応じて採用しています。「MPS」の特長も含めて詳しくお話を伺ってきました。

Q: UVフレキソ印刷機「MPS」の日本国内総代理店となった理由を教えてください。
日本ではグラビア、オフセット印刷が主流で、シール・ラベル印刷はジョブ数が少ないため、フレキソ印刷のニーズはそれほど高くありませんでしたが、欧州ではUVフレキソインキがシール・ラベル印刷で大量生産用に普及しており、「MPS」は打抜き・箔押しなどの加工機を後付けできるため、インラインで印刷・加工が完結出来る点が、日本のお客様向けにアピールできるとして、総代理店としての販売活動を始めました。

Q: 「MPS」の主な特長(強み)を教えてください。
①操作がシンプル

アイコン表示に従って、簡単なボタン操作で運転可能。
②オランダ本社およびマレーシア(クアラルンプール)支社と協力してアフターフォロー
お問い合わせ内容に応じて日本と海外のサポートチームが迅速にトラブルシューティング
③改善要望には国内部品で対応
周辺部品・資材への改善要望には輸入コスト増回避のため、可能な限り国内品で対応

MPSで印刷した鮮やかな印刷見本

モニターのアイコン表示とボタンで簡単操作

Q: 「MPS」には、金属製ドクターブレードが標準品として装備されていますが、樹脂製のドクターブレードも供給可能なのでしょうか。
樹脂製ドクターブレード「オレンジ」を有功社シトー貿易から提案され、同ブレードメーカーであるフレキソコンセプツ社・ケビン社長に来社して 頂いた際、製品および設置方法の説明をして頂き、オプションとして使用できると判断しました。
現在、お客様のご要望に応じてご提供しています。

Q: 今後、有功社シトー貿易に期待する事は何かありますか。
お客様のもとへ一緒に訪問して頂き、樹脂製ドクターブレード「オレンジ」の説明と設置に関するアドバイス等をしてもらえると助かります。

インキをかきとるドクターブレードが装備された2ロール方式ユニット

「MPS」についてのお問い合わせは以下までお願いいたします。

株式会社T&K TOKA 営業企画部 機械営業課 百野様 宛
Tel: 049-259-6618(直通) 

紹介した商品はこちら

ドクターブレード

金属ブレードの置き換えとして最適な製品です。

  • 金属ドクターブレードの置き換え品として開発された製品です。
  • 高速運転や粘度の高いUVインキで発生するインキ跳ねを抑制します。
  • マイクロチップ形状の刃先が精細なドクタリングを実現します。

商品の詳細はこちら