第88回「ゲームチェンジャーになろう」(板紙段ボール新聞R3年11月7日付)掲載より

 新コロナで世界が変わり、「ゲームチェンジャー」の出現が話題に。主にワクチン競争を繰り広

げる医療品メーカーを指していますが、ヨーロッパでは我々の産業が社会生活のゲームチェンジャ

ーになってきました。

 

 多国籍大手消費財メーカー「ユニリーバジャパンのホームページを見ると、「年間約800万

トンものプラスチックがごみとして海に流れ込み、このままでは2050年の海は魚よりもプラ

スチックのほうが多くなる」。このため同社ではプラスチックがごみにならない未来へとして、

2025年までに、再生不能なプラスチックの使用は半減、販売する量よりも多くのプラスチッ

クパッケージの回収・再生を支援する等、短期間でプラスチック依存度を下げる実効性のある取

り組みを打ち出しています。

 

 こうしたユーザーたちのうごきに対して紙器、段ボール業界がこぞって新提案をしてくるのは

頷けます。液体飲料はその性質上、ペットボトル、プラ容器が絶対的でした。しかし、本コラム

でも事例をいくつか紹介しましたが、最新情報としてこのたびフィンランドの大手板紙メーカー、

メッツアボード社はこのほど蓋とボディが一体化した紙製飲料コップのLidlocを開発しました。

(Lid(蓋)をLock(ロック)することから)特徴は紙製の単体構造で組み立てが容易になってお

り、液体漏れを防ぐ構造。なんといっても紙器の良さは美しい印刷が施せること。コーヒーチェー

ン店やコンビニ向けでの使用を想定し、従来の紙コップ・サイズ(大)との比較でプラスチックの

蓋が不要なため、1コップあたりで約2割のプラスチック削減につながるそうです。

 

 同社の優れていることは世界中に普及させることで迅速にプラごみを削減させるという考えのも

と、抜型製造技術およびパッケージ加工機械を世界中に供給するということです。優れた技術のお

すそ分けで世界中の海からプラごみを減らそうとしているのです。競争から連携へ、美しい未来の

ための素晴らしいニュースだと思いました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?