第87回「三つ子の環境教育、百まで」(板紙段ボール新聞R3年10月7日付)掲載より

 これまでヨーロッパの板紙、段メーカーがウィスキーの瓶、ドラム缶の紙化などイノベ

ーションに加速がついていることをお伝えしましたが、なぜこのスピード感があるのか、

少し考えたいと思います。

 

 国内では2020年、レジ袋の有料化が諸外国よりかなり遅れてスタートしました。お

隣中国と比べても10年以上の遅れです。

 

 とは言ってもわずか5円の消費者負担額。例えば環境EUでは、2年前に行った際に2

5セント前後(約30円)だったと思います。何しろ、25年までに年間のビニール袋使

用を「一人40枚を上限にする」という法律もできたほどです。

 

 袋より先に、今年から使い捨てプラスチックのストロー、食器が禁止になりました。消

費者が不自由さを強いられることに合意できており、容器ユーザーがコストアップに対し

て難色を示さないのは、プラスチックごみがもたらす海洋汚染など地球環境破壊を元に戻

すコストが莫大であることの意識が、人々にしっかり根付いていることだと彼の地の人々

と触れてきて確認できました。

 

 これが可能なのは長い年月をかけての環境教育の賜物でしょう。事実、今から30年前

ドイツ駐在をしていた筆者は、娘の公立幼稚園探していた当時すでに、ゴミの分別指導を

教室の中でやっていて非常に驚きました。

 

 そして、その子供たちが社会に出て生産者、消費者として活動する中で、環境最優先で

モノづくりを、購買や消費を行っているのだなと思いました。

 

 この写真は我が子のために、段ボールブロックの会社を作ったというものです。やはり、

環境世代の若い経営者です。さあ、これから孫に環境教育しよう!息子夫婦に嫌われるの

を覚悟の上で…。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?