第85回「美しい昆虫たち」(板紙段ボール新聞R3年8月7日付)掲載より

 〝段ボールが美しくなる時代〟を信じて私たちは随分長いこと美粧段ボールの魅力につい

て訴求し、その印刷技術、周辺資材、機器などを探し歩きました。今回はいわば、その〝究極〟

に出会えたような気がします。

 


 目下、長崎県のハウステンボス美術館にて「世界一美しい昆虫展2021」が9月6日ま

で開催されています。昔は昆虫展といえば採集した虫の展示でしたが、ここでは畳くらいに

拡大された色鮮やかな虫たちが幻想的に飾られています。

 

 この展示を企画し制作されたのは、一瞬の美を圧倒的なスケールで表現する美術家である

遠藤湖舟さん。虫たちの自然の姿を高精細なカメラワークで捉え、デジタル印刷で一点一点

再現する、肉眼では小さくて見逃してしまう体の細部を大きくして「驚きと感動」を来場者

に提供しています。

 

 私たち有功社シトー貿易では、この展覧会にミルクカートンから出来た純白の段ボールを

提供させて頂きました。

 

 従来であればプリント素材にはスチレンボードなど樹脂系のメディアが使われますが、段

ボールが美しくなることを来場者に同時にご覧頂きたく、そして美しい虫たちが生息し続け

る環境の点でも、この素材のご採用をお願い致しました。

 

 夏休みの後半、段ボールのさらなる可能性を確かめる意味でも訪れたいイベントです。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?