第75回「海藻は食べ物?包装?」(板紙段ボール新聞R2年10月7日付)掲載より

 EUではいよいよ来年からプラスチック製皿、ストロー、フォーク類の使用を禁止する

など代替プラスチックの開発が加速します。段ボールから少々離れますが、究極ライバル

出現か?今回は「海藻」による”食べられるパッケージ”です。

 

 

 まだ日本食が海外で知られていなかった昭和の頃、英語の友人におにぎりを差し出した

ら、海苔を剝がしてから口に入れていました。訊くとカーボン製包装紙と思ったそうで、

ご飯と一緒に食べると説明すると、当時は大変大いに驚かれたものでした。

 

 しかし、時は流れて今度は私が驚く番、あるニュースが飛び込んできました。それは、

世界の海に大量に存在する海藻をベースとした食べられるパッケージが出来たことです。

ロンドンのベンチャー企業でズバリ社名はプラじゃない、Notpla社。2014年に

10mlから100mlの液体容器『ウーホ(Ooho)』を発売、ランニング競技の選

手の水分補給手段として実証実験し、そのまま口に入れても捨てても、ごみにならない一

挙両得の新商品になりました。この技術であればコンビニ弁当の醤油、辛子、マヨネーズ

のフィルム包装が置き換えれますね。

 

 今年2月には、板紙用『Notplaコーティング』を開発。今までの耐油目的で行っ

てきたフィルムコーティングの置き換えを狙ったものも登場しました。これまでリサイク

リングの点でネックとなっていた紙器、段ボールケースのフィルムコーティングがこれに

より問題解決できます。自然由来の板紙・段ボールに極めて相性が良い、歓迎すべき高付

加価値新素材です。

 

 海藻は、世界中の海に存在し枯渇する心配がないため、明らかに持続可能な社会に最適

な素材ですね。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?