第72回「新型コロナと段ボール②」(板紙段ボール新聞R2年7月7日付)掲載より

 このコラムで新型コロナをネタに3本目を書くことになるとは…想像していませんでし

た。コロナシリーズ最終回であることを期待し、自社の取り組みを紹介します。

 

 有功社シトー貿易は紙器・段ボールの生産現場向けに副資材から各種技術製品を供給す

る事業者ですが、非常事態宣言・行動自粛が響き、箱の需要が急降下してしまいました。

当社が行った緊急アンケートでは70%のお客様で「生産量が落ちた」とのことで、「こ

の先も不透明」という回答でした。このため、当社ではビジネスの逆モードを試み、お客

様の商品を上市するお手伝いをさせていただくことにしました。

 

 その事例は組み立て式の段ボール製〝診察室〟で、試作のお手伝いから完成品の試験運

用、改良、商品化を発明者、ボックスメーカー、医師、臨床検査技師を加えたチームによ

りわずか3週間で仕上げ『どこでも発熱外来』と名付けました。

 

 海外の研究論文等によると、段ボールはプラスチック、ステンレス、布と比べてウイル

スの残存時間が短いことが証明されており、素材として優れていること、軽量扱い易く、

組み立ては1人で約15分解体は約3分で完了(カットして医療用廃棄物として産廃処分)

と段ボールの特長を最大限に活かしただけでなく、ブース方式にしたことで医療従事者と

受診者を完全分離できるため、接触感染および飛沫感染を予防します。受診者のプライバ

シー保護と効率的な動線の確保により、スムーズな診療が可能と評価をいただきました。

 これからも紙器・段ボールの用途拡大に積極的に取り組んでいきたいと思います。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?