第65回「段ボール工場、無人化へ」(板紙段ボール新聞R1年12月7日付)掲載より

 昨年、経済産業省のレポート「2025年の崖」では、日本の遅滞しているデジタルト

ランスフォーメーション(DX)が進まなければ「2025年以降、最大で年間12兆円

の経済損失が生じる可能性がある」と警告しています。これに危機感を抱き、すでに一部

で無人化の試みが始まったスイスの段ボール工場へ潜入してきました。

 

 人口856万の小国スイス。段ボール事業者数も日本より遙かに少ないものの、チョコ

レートなどの食品や医科向け医薬品における世界企業が存在するだけに、高品質な箱が生

産されています。

 

 訪問したスイス中部に位置する社員数600人の独立系企業は紙器段ボール、取説、デ

ィスプレイを3つの事業の柱とし 、オフセット、フレキソ、デジタルを保有し商品の幅を

広げています。見学したデジタル工場で美粧段ボールケース、ディスプレイの500個以

下の極小ロットをインクジェットとデジタル加工機で生産、オペレーターが一人で稼働さ

せていました。

 

 工場長にデジタル印刷・紙工機を入れて良かった点について尋ねると、「柔軟な顧客ニ

ーズへの対応、小ロットの受け入れ、短納期化、高い生産性、少ない消費電力が挙げられ

ますが、とりわけスイスは人件費が世界一高い。このため、常に競争力を重視し生産性向

上、省力化、省人化にチャレンジしている」とのことです。

 

 印刷は完全無人化はまだでも、すでに加工では実現しており、残業分をエリトロン社の

デジタル加工機(写真)で無人生産。夜間に3パレット(1パレット・高さ1100mm

)の加工をこなします。

 

 今頃はクリスマス商戦多忙な時期。社員さんが街に繰り出した後、黙々と灯りの消えた

工場で加工をするのはデジタルロボットというわけです。SFで見たような世界が段ボー

ル工場でも始まっているのですね。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?