第6回「ロータリーの整理整頓」(板紙段ボール新聞H27年1月7日付)掲載より

 今回も第3回、4回に続き女性に優しい段ボール工場作りに知恵を絞るスペイン・セラ

機械製造㈱のユニーク技術のレポートです。今回はロータリーダイの保管についてです。

 

 

 ロータリーダイカッターは、運転速度では平盤打抜機の倍、さらに大型径であれば3丁

付、9丁付など多面付が可能で生産性はさらに倍、倍とアップします。しかしその一方で、

大きな抜型の保管や取り出しは女性には厳しい作業です。そこで最近登場したロータリー

ダイ保管システム『セラストック』が問題解決してくれます。

 

 構造は、図書館の書庫にある可動式本棚のイメージ、というよりはこれを抜型保管用に

転用したような構造です。 ロータリーダイを保管場所から取り出す際には、オペレータ

ーは該当するラックのハンドルを回わし、動かすことで取り出すための通路を作れます。

 

 オペレーターは簡易なクレーン『セラーム』で使用するロータリーダイを取り出し、製

函機まで移動させますが、これならば重量感を感じずに大きなダイを扱えます。

 

 さらにこの保管方法では、すべての木型が出し入れしやすくなるだけでなく、保管場所

の容量を3倍に増やせます。また木型をタテ置き保管することで安全度は増し、とりわけ

万が一の火災時にもスプリンクラーを天井に設置することで火災時の消火をより確実にす

るという一石三鳥?の頼もしい整理整頓の味方です。段ボール工場の今年の魅力アップに

考えてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?