第57回「ディープな市場を狙う」(板紙段ボール新聞H31年4月8日付)掲載より

 最近、鉄道をネタにしたテレビ番組が増えており「鉄道ブーム」は間違いなく、関連商品

がずいぶん増えています。今、我々の大いなるビジネスチャンスと考えます。

 

 実は、かく言う筆者も鉄道オタクで、"乗り鉄"をしながら国内外の現場を喜々としてお邪

魔しているのです。

 

 おそらく国も、調査していないため「鉄道ファン人口」の統計上、把握していないでしょ

うが、鉄道雑誌の編集長は「コアなマニアが20万いる」と推計。某有名経済研究所は「2

00~300万人」とも言っています。ブームの火付け役は他ならぬ鉄道会社でしょう。人

口減に伴い乗客数も減少する中、手っ取り早く穴埋めするには鉄道マニアに一層乗ってもら

えばよいわけで、特別列車の運転、ローカル線でのイベント等あります。

 

 それに限定グッズ販売も加えれば、ほぼ目論見通りの売上確保でしょうか。お菓子、清酒、

ご当地モノ、何でも「電車がモチーフの直方体の箱」に詰めれば販売価格も高く設定できま

す。筆者も完全に思う壺、必ず衝動買いをしてしまいます。大阪出張の帰りに買ったパンの

セット、某私鉄のエキナカで売られているもので1,000円也。荷物になるのに…、近所

にパン屋さんはあるのに…わざわざ買って帰るのです。

 

 紙器段ボール会社の皆さん、中味の商品は後から考えてば良いわけで、鉄道車両の箱を作

ってみませんか?喜んでご相談に乗らせていただきます。ハイ!

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?