第44回「繊維業もデジタル印刷?」(板紙段ボール新聞H30年3月7日付)掲載より

 昨今のインターネットによる技術革新で産業構造が根底から覆される事象が毎日のように

起きています。そんな中、「繊維業がデジタル印刷向けの製品を昨年開発した」とのことで

急遽オランダに飛びました。

 

 

 印刷業界はマルチメディアの影響を多分に受けた代表的な事例で、ネットで印刷物を発注

する通販化は市場を伸ばしており、印刷紙器、段ボールにおいても同様のビジネスモデルが

欧米では増えています。

 

 デジタル印刷は小ロットで印判不要、データの改変が簡単でスピーディ…などの特徴が思

い浮かびますが、アナログ印刷との大きな違いは〝紙だけでなくいろいろな素材に鮮明な画

像を印刷できること〟でしょう。

 

 このような中で、デジタルオフセット機で印刷ができる特殊キャンバス生地が昨年登場し

ました。メーカーはオランダ東部のドイツ国境までたった3キロという小さな町ロッセルに

あるファン・ヘーク織物社。創業150年で世界遺産となった富岡製糸工場と同様、レンガ

作りの工場の中では、今も織り機が純白の縦糸と横糸を紡いでいます。その布は、染色され

カラフルなロールカーテン、豪華本の表紙などに使用されています。糸の選別から徹底した

品質管理で、同社のキャンバスは紙のような均質な厚み、異物が一切ない仕上がり、そして

精細な印刷を可能にした平滑な表面。これらの最高品質から、布でありながら精度を求める

デジタル印刷機に対応できるようになりました。

 

 紙の替わりにキャンバス地に何を印刷し、どう使うのか…素人の筆者には「はてな?」で

したが、今までに無い画期的な価値を創ることができるのではないかとこの老舗のイノベー

ションに感動しました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?