第86回「北欧紀行」(板紙段ボール新聞R3年9月7日付)掲載より

 とうとう無観客で開催中の東京オリンピックとパラリンピック。当然ながら、今も海外

渡航の目処がたちません。それでも、日本の中で”外国の雰囲気が感じられるところを”と、

真っ先に頭に浮かんだのが…

 


 北欧発祥の世界最大の家具量販店『IKEA』。お店に入るとありとあらゆるものが

揃っています。ダイニング、ベッドルーム、リビング、洋服収納、バスルーム、照明器

具、家電・電化製品、と家を作ったら必要なものがすべて揃う。新生活を始める若い人

が喜びそうな店舗作りです。

 

 筆者の得た印象と感想は…「全体に白を基調としたインテリア、確かに売れ筋と思わ

れる食器も真っ白なものが多い」、「しかしカラフルなものも多数あるのに、(白ばか

り印象的なのは)なぜなのか?」それは、ほぼ全ての商品が白ライナーの段ボールパレ

ット、オープントップトレイ、あるいはリテールレディパッケージ(RRP)に収まっ

ているから白いインテリアに見えるのでしょう。

 

 売り場には陳列棚が日本ではあたりまえですが、棚を無くし、段ボールに陳列什器の

役割を持たせることでフロアーの使い方に柔軟性を持たせています。そして、お店に柔

らかみを感じるのは段ボールが什器だからなのか…、

そう感じるのは私だけでしょうか? 

 

 さらに、感心するのは持ち帰り用に機能的な段ボールが用意されていることです。

(写真)通常は緩衝用プチプチにレジ袋ですが、茶ライナーで墨一色ながら高精細なフ

レキソ印刷で罫線もカッチリ入り仕上がりが美しい。この箱なら自宅の収納ケースにリ

ユースできますね。

 こうして、我が家が段ボール化していくのでありました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?