第78回「発砲スチロールの代替に」(板紙段ボール新聞R3年1月7日付)掲載より

 各社業績に大打撃を与えた新型コロナウイルス、残念だから現時点では終息できておらず

不透明感漂う2021年の幕開けです。しかし、紙器段ボール業界が盛り返すビジネスチ

ャンスもあります。

 

 

 諸外国に大幅に遅れてプラスチック製レジ袋の有料化が昨年の7月1日にスタートしま

した。日本は1一人当たりのプラスチックごみ排出量が米国に次いで世界第二位。環境意

識後進国であること、我々は深刻に考えなければなりません。

 

 一方EU(欧州連合)は海洋汚染を防ぐため、いよいよ今年から使い捨てプラスチック製

品が禁止になり段ボール業界もビジネスチャンスとばかりに新製品を発表しています。

 

 欧州最大手段ボールDSスミス社は、テンパーパック社(米国本社)と環境に負荷をかけ

ずに温度を保つ遮熱性クライマ・セル(ClimaCell)ライナーを医療キットや医薬品、賞味

期限が短い食品のパッケージに導入。クライマ・セルは紙とバイオ素材で構成され使用後

は古紙リサイクルが可能で、プラごみの代表格、発泡スチロールの置き換えが可能となり

ました=イラスト=。最大80時間低温に保て、耐湿性もあり軽量、在庫に必要なスペー

スは最小限と良いことづくめ。当然ながら、外側は段ボールですから印刷が施せるブラン

ドアピールがしっかりできます。

 

 日本で段ボールが木箱から本格的に置き換わって60年。いよいよ発砲スチロールもそ

の座を譲る時代に入ったようです。

 

 

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?