第80回「ドラム缶も置き換わる」(板紙段ボール新聞R3年3月7日付)掲載より

 いま世界的に紙器段ボール化の大きなうねりが起きている事実確認シリーズ第3弾(ラスト)。

発泡スチロール、瓶に続きあの大きなドラム缶も段ボールに置き換わるお話しです。

 

 ドラム缶といえば筆者にとっては港は廃工場、倉庫街と刑事ドラマの印象。そして焼鳥屋のテ

ーブルと男社会のなくはならないアイテムで、大好きな情景でありますがこれが消えてしまうか

もしれません。なぜなら、段ボールがドラム缶の諸問題を解決してしまうからです。

 

 これほど”大容量の液体輸送をサステナブルに”のキャッチフレーズで登場したDSスミス社の

『ハイブリット・キューブ』(Hybrid?)は外装が段ボール、内装は樹脂製バッグの組み合わせ

のワンウェイ容器。特に優れている点は、国際安全輸送協会ISTA認証を取得し国際物流対応、ま

た食品用途の場合は米国・FDA規則及びEU規則に準拠させた無菌または非無菌環境での充填・排

出に適合できるように設計・デザインされた仕様も。サイズは500Lから1000Lまでのバ

リエーション豊富。とりわけユーザーの心を捉えているのは抜群の経済性とのことです。

 具体的には、折りたためる保管スペースの節約、立方体だから輸送コンテナ内のスペースの活

用率を20%増加で積載効率アップ、一人でわずか3分で組み立てられ軽い。ドラム缶と比較し

て輸送手数料が安い。

 運賃もより安く、容器内の中身がのこらず100%排出可能。機能的な排出バルブの取付から

効率よく排出、作業時間削減など数々挙げられます。なんといっても完全回収と完全リサイクル

が現代社会に支持されるところです。

 

 空き地にドラム缶、昭和の少年にとっての心象風景ももはや再現できなくなります。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?