第9回 赤外線でインキを乾かす (板紙段ボール新聞H27年4月7日付)掲載より

 FFGの印刷速度が毎分300枚を超える時代。印刷したてのシートが重なって汚れ、

速乾性インキはアニロックスの目詰まりになり易いと聞きます。華やかな段ボール箱が

日本市場にも登場していますが、複雑なフレキソダイレクト印刷をする北米の現場を見

に行きました。

 

 訪れたのは独立系のボックスメーカー、4色機と6色機が配備されバラエティに富ん

だケースやトレイが作られていました。

 

 美粧印刷では日本のFFGほどの速度には及ばないものの、まずまずのスピードで鮮

やかに刷り上がっています。網点の重ね印刷でも汚れはなく、機械の中を見せてもらう

と赤外線ランプ(JBマシナリー製)が固定式印刷ユニット間に設置されていました。

 

 これで瞬時に水性のフレキソインキの水分を飛ばし、次の色が載せられます。

 温風のドライヤーが普及していますが、JB赤外線ドライヤーのカセット方式であれ

ば印刷される部分だけ照射するので電力消費に無駄がなく、運転速度を落とさないので

しっかりと乾燥させるそうです。

 

 FFGにおける同一条件下での温風ドライヤーとの比較では、電力設定100%(4

7kw)時に温風ドライヤーよりも40%と少ない消費電力で、生産性は30%も多か

ったとの結果が出ています。

 

 さらに、ある事例ではアニロックスロール掃除のために機械停止時間が大幅に減少し、

生産性が250%アップしたとの報告があったそうです。また、速乾促進剤を入れたイ

ンキに比べて発色が良いので、ベタ印刷でもより鮮やかな仕上がりが印象的でした。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?