第8回 ノルウェーの製函現場から (板紙段ボール新聞H27年3月7日付)掲載より

 北欧は世界トップクラスの給与レベルで一人当たりのGDPも高い、一方で労働時間は

短いことでしられています。ノルウェー・中堅段ボール工場の製函ラインを取材しました。

 

 

 

 訪れた工場は首都オスロから車で約1時間半の小さな町、もともと首都でさえ人口60

万と小さいだけに、工場周辺は民家も少なく森が拡がっていました。

 

 一つ目のびっくりは段原紙がバージンパルプ。豊かな森林資源から再生しり老木を計画

的に栽培しパルプへ。新たに植林することで森の循環、CO2排出抑制をという意識が浸

透していました。興味はフレキソダイカッターライン。前回の当コラムで機械の騒音を取

り上げましたが、やはり80デシベル以下にすることを目指し音源となる部分は遮蔽、ま

た現場の空気もなるべく汚さないようダイカット周辺に発生する紙粉、細かいカスはダク

トで吸い上げます。

 

 また、給紙部分にもロボットを配置し省力省人化を図っています。オペレーターさんも

当たり前のように女性が活躍。でもヘルメットを被っていないから大丈夫かなぁ。人が頭

を当たりそうなところはクッション材を巻き、落下することがないよう高所にはモノを置

かないことを徹底することで無帽だそうです。

 

 10月の欧州は日本の初冬の体感温度でしたが工場内は適度なぬくもりを感じ暖房でし

た。工場長に謝意を告げて「世界一快適な工場ですが、ずいぶん設備にお金をかけていま

すね」と伝えると、「機械設備は高くなるね、でも我々ば人件費が高い、だから働き易い、

ストレスフリーの環境にしないと生産性は高められない」とのこと。

 

 この訪問をきっかけに私たちは、実際にこの現場に敷き詰められていた「疲労軽減マッ

ト」を輸入販売することにしました。日本の現場の皆さんに〝快適なお土産にしたくて〟。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?