第79回「ガラス瓶も転換期に」(板紙段ボール新聞R3年2月7日付)掲載より

 欧州から世界に広まる脱プラスチックの大きな潮流で板紙段ボールが大きな役割を担っている

ことは多数の事例で紹介してきましたが、今度はガラス瓶の代替も現れました。

 

 

 筆者が子供の頃はペット(PET)ボトルは存在せず、酒、醬油、酢、ソース、ジュース類は

全てガラス瓶でした。母親にお使いを命じられ空き瓶を酒屋さんに持ち込み、醤油や酢を充填

してもらい重くなった瓶を抱きかかえて帰った遠い日の思い出…。

 

 しかし、そこに新たに現れたペットボトルは、軽く使い捨てという手軽さからガラス容器を

一気に押し退けました。ところが今、海に捨てられたペットボトルは自然分解には数百年かか

ると言われ、マイクロプラスチックによる海洋汚染が大問題となっています。

 

 こうしたことから、ペットボトルの紙容器への転換が期待されますが、意外なことに今年あ

の有名なウィスキー「ジョニーウォーカー」が瓶から世界初の100%プラスチックフリーで

紙ベースの蒸留酒用ボトルに切り替わるというのです。

 

 ボトルを開発したのはジョニーウォーカー、ギネスビールのメーカーであるイギリス・ディ

アジオ社(Diageo PLC)がベンチャー企業支援会社パイロットライトと共同で立ち上げたパ

ッケージ開発会社Pulpex(パルペックス)社です。この新技術はユニリーバやペプシコなどに

も提供されることから、瓶に代わる液体飲料が今後増えていくと思われます。

 

 ガラス瓶は再利用されエコのように思われますが、脱炭素社会の視点から砂や石灰岩などの

素材を天然ガスで溶かす製法のため生態系が壊されたり、プラスチックよりも重たく輸送にお

いてより多くのCO2が排出されたりと、プラスチックとは異なる問題を抱えているのだとか。

 

 確かに、幼い私も瓶の輸送では高い運賃(おこづかい)を母親に請求していました。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?