第7回 図書館並みに静かな工場 (板紙段ボール新聞H27年2月7日付)掲載より

 近年、省エネや廃液・排煙などを出さないなど環境に優しい工場が増え、ドイツでは騒

音にも配慮した取り組みが進んでいます。今回は異業種現場へ、有名自動車会社フォルク

スワーゲン社ドレスデン工場を見学しました。

 

 「グレーゼルネ マヌファクテュア(ガラスの工場)」と呼ばれ、壁面はすべてガラス張

りでSF映画の中に出てくるような未来的建築の中は、自然光が降り注ぎ背後の森が全面

ガラスのお蔭で完全な借景、場内は木材を多用しているため、自然と一体化した製造現場

です。

 

 そして驚くべきところはその静けさ。工員さんの咳払いも聞こえるほどで図書館並みの

静けさです。音の出るものは徹底排除。フォークリフトの代わりに電動ロボットカーがライトを点滅させながら最小限の移動をしています。

 

 塗装は専用工場で施し、組み立てパーツの搬入はトラックの代わりに40、50分間隔

でコンテナを5台連ねた路面電車が到着します。コンプレッサーを用いるエアードリルの

代用はモーター音の出ない電動ドリル、さらにハンマーまで叩く音が出ない材質という徹

底ぶりです。

 

 肉声で構内を説明して下さったガイドさんに、「ブンダーバール(すばらしい)!」と

称賛したら工員さんに一斉に振り向かれてしまいました。すると「私も同感ですよ」と嬉

しそうに軽く目配せして見せました。

 

 ここまで徹底した工場は理想形ですが、騒音対策は推進したいものです。80デシベル

以上の騒音に長年晒されると難聴になるリスクが高まります。1m離れての会話で大声を

出す必要がある場合は、80デシベルを超える騒音と考えられます。まずは、耳栓やイヤ

マフで聴覚保護をしたいものです。一日の仕事が終わった時の疲労感もずいぶん変わりま

すね。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?