第3回「女性の働き易い現場へ」(板紙段ボール新聞H26年10月7日付)掲載より

 今、日本では成長戦略として「企業の女性登用」を促進するために様々な施策が打ち

出されていますが、安定的に働ける環境を整えることも重要です。欧州の段ボール工場

の取組みを追ってみました。

 

 段ボール工場は、以前より女性にとっても働きやすくなりましたが、まだまだ女性に

とってきつい作業が残存します。積極的に省力化機器を考案、普及に努めているスペイ

ン・セラ機械製造(株)のユニークな技術を3回分に分けてレポートします。

 

 

 

 今回は『セラーム』。抜き加工で多面付をすることで抜群の生産性が確保できる大型

径ロータリーダイカッタはヨーロッパでとても普及していますが、抜型が重いのがたま

にキズ。ベニヤに代わる軽量材の研究も行われていますが、コストの問題もあり実用化

には時間がかかりそうです。

 

 そうした中、ローターリー抜型の上げ下ろしをサポートする便利な装置が発表されま

した。『セラーム』はダイカッタユニットの上部に取り付けられたクレーンのような発

想のコンパクトでシンプルな設備。ワイヤーの付いた左右のハンドグリップを抜型の連

結ロックに差し込み、親指でスイッチ操作しワイヤーを電動で巻き上げ下げでき、思い

抜型を軽々とダイシリンダーに取り付けまたは取り外しが短時間で行えます。

 

 また、フレームは回転するための機械外への移動ができ、ボタン操作でロータリー抜

型を縦置き可能。『セラーム』は同社のワンタッチ抜型固定システム『セラピッド』、

ロータリーダイ保管システム『セラストック』と併用することでさらにストレスフリー

の楽しい現場を実現します。

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業

このロゴはなに?