お知らせ

「PACK&BOX12月号2018年12月15日付」にドイツ視察ツアー<Ⅱ>の記事が掲載されました。

9月25日 世界的な打抜き資材メーカーのシトー・システム社

マリエン社長より今後の事業展開をプレゼンテーション

2017年売上高は47億4000万円 従業員数は250人規模に

 

 

 有功社シトー貿易㈱(谷口有三社長、本社=東京・北区)と㈱全国紙器広報センターは、世界的な打抜用資材メーカーであるシトーシステム社(ユルゲン・マリエン社長、本社=ドイツ シュヴァイク市)の協力を得て、ドイツ紙器業界とFachPack2018の視察ツアーを企画、9月24日から29日までの間、FachPackとシトー・システム社、さらにニュルンベルグ近郊に所在する中堅規模の印刷紙器会社2社(ストローベル社、FMS社)を訪問した。今回訪問した3社から、視察団は歓迎を受けた。各社代表のプレゼンテーション、工場見学がおこなわれ、予定時間いっぱいまでディスカッションもおこなわれ、実りの多い視察となった。

 今号では、FachPack2018での紙器パッケージ会社・資材会社・板紙メーカーの出展のもよう(第2弾)と、シトー・システム社の見学ならびにマリエン社長のプレゼンテーションの内容を紹介する(次号でストローベル社、FMS社の印刷紙器会社2社の訪問を紹介の予定)。・・・続きはこちらから

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業