お知らせ

「板紙・段ボール新聞 H30年8月17日付」に東段工セミナーの講演記事が掲載されました。

7月20日 東日本段ボール工業組合セミナー

現場、環境に優しい新技術

「衝撃吸収型バリア」紹介

 

 

東日本段ボール工業組合は7月20日、UDXシアター(東京・秋葉原)で第24回「東段工 法務・安全・技術セミナー」を開いた。セミナーは、働き方改革とサイバー犯罪をテーマとした特別講演2本をはじめ、東部段ボール技術・安全衛生委員会が研究成果を発表。有功社シトー貿易、東洋インキ、旭化成が登壇し会場ロビーでは3社に加えキヨシ・ネットワークも新技術を紹介した。・・・続きはこちらから

ページトップへ

日本の匠の技術を海外へ

仕事と生活両立支援企業